富士市の外壁塗装ならNEO TOWN ART COMPANY(ネオタウンアートカンパニー)にお任せください

外壁・屋根塗装ホットライン

TEL0545-50-1430
08:00-20:00
年中無休

スタッフブログ Staff Blog

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > クラック(ひび割れ)が出来たらなぜダメか?

クラック(ひび割れ)が出来たらなぜダメか?

スタッフブログ

2021年09月04日(Sat)

こんにちは、秋山です!

 

前回まで、クラックの種類についてお話させて頂きましたが、今日は、

外壁にクラックが出来たらなぜだめなのか?を二点お話します。

 

クラックは知らず知らずのうちに出来てしまい、気が付いたらたくさん出来ていた!なんて事がよくあります。

外壁のクラックの状態が進んでしまうと、建物に大きな影響を与えてしまうこともあるのでクラックを甘く見てはいけません。

その影響のひとつが「雨漏り」です。

建物の中に雨水が浸入してしまい、雨漏りとなってしまいます。

外壁がサイディングやモルタルの場合は外壁の厚みが10〜20cm程しかないので、

クラックの影響ですぐに雨漏りを起こしてしまいます。

 

もうひとつの影響というのが「鉄筋コンクリート造の鉄筋」への影響です。

鉄筋コンクリート造の建物の場合、クラックが生じてしまうと内部にある鉄筋へ影響を与えてしまいます。

雨水等が鉄筋に触れてしまう事でサビを発生させ、鉄筋の効力をゼロにしてしまうのです。

このようにクラックによって建物の寿命が短くなるんですね。

クラックをいかに早く防ぐかが、建物を長く持たせる為の大きなポイントです!

 

診断、調査は無料で承っております!ご相談だけでもお気軽にご連絡ください。

富士市、富士宮市の外壁塗装、屋根塗装は是非NEO TOWN ART COMPANYにお任せください!(^^)!

外壁塗装工事を検討中の初めての方へ 塗装工事に関する様々な疑問や不安、私たちが解決します! だからお客様に選ばれる!NEO TOWN ART COMPANYの強み 安心して施工をお任せいただくために NEO TOWN ART COMPANYが詳しくご紹介!オススメ塗料 屋根・外壁塗装基本料金プラン 工事価格表 私たちにお任せください! スタッフ紹介 NEO TOWN ART COMPANYの最新情報はこちら スタッフブログ