富士市の外壁塗装ならNEO TOWN ART COMPANY(ネオタウンアートカンパニー)にお任せください

外壁・屋根塗装ホットライン

TEL0545-50-1430
08:00-20:00
年中無休

スタッフブログ Staff Blog

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 相見積もりでお悩みの方へ ~その3~

相見積もりでお悩みの方へ ~その3~

スタッフブログ

2021年11月26日(Fri)

こんにちは、秋山です!

前回、相見積もりでお悩みの方へ ~その2~  でお話しした続きをお話させて頂きます!

なぜ、会社によって数量が違うかと言いますと、各会社の計算方法にあります。

 

ぼくたちが相見積りでぶつかった多くの会社は、

【家の外周×家の高さ×係数=塗装面積】

というように、数字を入れ込んで面積を計算しています。

家の高さと係数に関してはそれぞれの会社で決まった数字があるようです。

 

新人営業マンでも簡単に計算できる方法ですが、これではベランダや腰壁の塗装面積が算出されません。

また、窓の少ない家・多い家などの違いもあるので正確な数字が出せません。

5d860483fb191c21b0eba3349fd065461

 

 

相見積もりでお悩みの方へ ~その2~でも申し上げた通り、一番のデメリットは手抜き工事をされる可能性が高い点です。

塗料にはメーカーが指定する「塗膜厚」や「塗布量」があり、2液型塗料の場合は「混合比」も定められています。

それらを無視して塗装すると塗料本来の力が発揮できず、早期劣化に繋がります。

c6028b9a2ffd54a473f6c1ff1e02f59a1
■塗料をメーカーの指定より薄めてかさ増しして塗布 
■2度塗るところを1度塗りで仕上げる
■契約と違う安価な塗料を使う
■高圧洗浄を短時間で終わらせる
■下処理が適当、または行わない

 

お客様にわからないように手を抜く手段はいくらでもあります。

例えば塗料ですが、見積書の総額を安く見せるために塗料の必要缶数を少なめに見積もるリフォーム会社が多いです。

これでは、工事中に塗料が足りなくなったらお客様に追加請求しなければ、塗装業者の利益が減ってしまいます。

塗料が足りなくなったとしてもリフォーム会社が身を切って追加発注してくれればいいのですが、

施工しているのはハウスメーカーや訪問販売営業の「下請け」「孫請け」なので・・・

はたして自ら利益を削るようなことをするでしょうか。

 

NEO TOWN ART COMPANYがお出しする見積書は、他社より10㎡程多くなることが多いのですが、
一軒一軒、窓やベランダ・柱なども丁寧に計算して算出していますので、塗料が足りなくなったり多すぎたりすることはありません。

 

「各会社、数字がバラバラ」「言っていることも各会社によって違うので、何が正解かわからない。」

など、お困りごとがあれば、ご相談だけでも是非ご連絡くださいませ。

 

富士市、富士宮市の外壁塗装、屋根塗装は是非NEO TOWN ART COMPANYにお任せください(^^)v

外壁塗装工事を検討中の初めての方へ 塗装工事に関する様々な疑問や不安、私たちが解決します! だからお客様に選ばれる!NEO TOWN ART COMPANYの強み 安心して施工をお任せいただくために NEO TOWN ART COMPANYが詳しくご紹介!オススメ塗料 屋根・外壁塗装基本料金プラン 工事価格表 私たちにお任せください! スタッフ紹介 NEO TOWN ART COMPANYの最新情報はこちら スタッフブログ