富士市の外壁塗装ならNEO TOWN ART COMPANY(ネオタウンアートカンパニー)にお任せください

外壁・屋根塗装ホットライン

TEL0545-50-1430
08:00-20:00
年中無休

スタッフブログ Staff Blog

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 釘留めサイディングの塗装

釘留めサイディングの塗装

スタッフブログ

2021年11月06日(Sat)

サイディングの留め方は、大きく『金具工法』と『釘留め工法』に分かれています。
その中でも主流なのが『釘留め工法』で、新築時にコストを抑えられるためです。
この釘留め工法なのですが、下地に釘で直接留めるため、建物が揺れた際にサイディングパネルに負荷が掛かってしまうんです。

そのため、パネルにヒビ割れが発生したり、釘周りに欠損が生じやすくなります。

釘頭のパテ処理
安さを売りにしている塗装業者の場合、大きなヒビ割れの補修はするが、
釘周りの補修など、細かい作業を行うことなく、そのまま塗料で埋めてしまっているケースがほとんどです。
残念ながらしっかり埋まってしまえば、塗装後すぐには判断できませんが・・・

数年後・・・
釘頭のパテ処理
地震で釘が揺れたりすると簡単に塗膜が割れてしまいます!!
そうならないように、弾性パテで一つ一つ埋めていきます。
 
釘頭のパテ処理
なかなか地味な作業で大変な作業ですが、こういった下地処理こそ塗膜の寿命につながります。

釘を揺らしても塗膜割れを起こしません。この弾性パテが動きを緩衝してくれるからです。

塗ったばかりではほとんど差が無くても、数年後に「釘の周りがパキパキ割れてる!」

せっかくキレイにした外壁がそうなってしまうのは絶対避けたいですよね・・・

富士市、富士宮市の外壁塗装、屋根塗装は是非NEO TOWN ART COMPANYにお任せください(^o^)丿
外壁塗装工事を検討中の初めての方へ 塗装工事に関する様々な疑問や不安、私たちが解決します! だからお客様に選ばれる!NEO TOWN ART COMPANYの強み 安心して施工をお任せいただくために NEO TOWN ART COMPANYが詳しくご紹介!オススメ塗料 屋根・外壁塗装基本料金プラン 工事価格表 私たちにお任せください! スタッフ紹介 NEO TOWN ART COMPANYの最新情報はこちら スタッフブログ